• 暮らしに役立つ1day講座、基礎から本格的に学ぶアロマコーディネーター資格取得講座。コミュニケーションを取りながら楽しくしっかりと学べる大人の女性の為のアロマ教室・サロンです。

    夏の家庭菜園で大活躍していたバジルの季節もそろそろ終わりです。

    大量に収穫したバジルを消費する為に「ジェノベーゼシース」を作成。

    自家製ジェノベーゼソースを使ってパスタを作ってみました。

    バジルで作ったパスタ

    茹でたパスタに作り置きしてあったバジルペーストを混ぜただけの簡単パスタ。

    パルメザンチーズ、庭から摘んできたハーブなどを適当にトッピングしてみました。

    ゆでたじゃがいもやインゲンを加えると更に美味しくなりますが今回は省略。

    これだけでも香りが良いので美味しく食べられました。

    簡単ジェノベーゼノースの作り方

    <材料>*目安

    ・フレッシュバジルの葉   80g

    ・松の実(粗みじん切り)  大さじ2

    ・にんにく(みじん切り)  1片

    ・オリーブオイル      100ml

    ・塩            小さじ1

    *パルメザンチーズ     大さじ2

    <作り方>

    ①バジルの葉を洗い完全に水気をきる。

    ②にんにく、松の実、オリーブオイルをミキサーにかけなめらかにする。

    ③バジルを2~3回に分けて加え、更にミキサーにかける。

    ④なめらかなペースト状になったら塩を加え更に混ぜる。

    ⑤パルメザンチーズを混ぜ合わせて出来上がり。

    すぐに食べずに保存する場合は瓶に詰めた後、表面にオリーブオイルを5mm程度注ぎ、空気に触れないようにします。

    チーズは入れない方が日持ちします。

    簡単に作れるのでバジルの大量消費におすすめです。

    *今回使ったバジルの葉は、柔らかくえぐみも無かったのでそのまま使用しました。
    (硬い時は、さっと茹でてから使用した方が良いです)